// この下はウエブマスターツール用のメタタグ

パイプカット 病院では語られない本当の痛み!本当の恐怖!経過観察レポート(画像アリ)

2018年6月3日

さよなら コンドーム 30年間ありがとう・・・。
Good Bye 遺伝子と子孫繁栄・・・。
コンドーム

こんにちは!カラス小僧です!
「パイプカット行ってきまーす」意気揚々と自宅を出発しました。
予備知識は恐怖心を高潮させるだけで良いことはありません。パイプカットを行っている数箇所のクリニックのホームページをチラ見して直感だけで予約しました。

決定の基準は「術式」「場所」「金額」「雰囲気」なんか関係ありません。
ウェブサイトに「痛みに鈍感な箇所なので痛みをほとんど感じません」って書いてありました「あっ!ほんとに痛くないかもね」と感じたクリニックに決定です(極めて単純明快)
それ以上は特に下調べは行いません。見れば見るほど恐怖におののく事は自分が一番わかっています。

クリニック選びの基準

金額

平均相場は調べていませんが 最安6万円台~20万円後半 のクリニックが多いようです。
パッと見ですが、やること・書いてある事はあまり変わりません。
上記金額は基本料金で「静脈麻酔は追加料金」「電子メスは追加料金」などなど、保険適用外手術になりますのでクリニックにより独自料金設定になっています。

麻酔(ますい)

・笑気(しょうき)麻酔
・テープ麻酔
・麻酔クリーム
・静脈(じょうみゃく)麻酔
・局所(きょくしょ)麻酔

テープ麻酔・麻酔クリームでは少し(かなり)不安なので即消去でした。アートメイクでの経験上では無痛でしたが、今回は局部なので不安が残ります。
笑気麻酔も力不足な感じがしました(顔面へのボトックス注射で経験あり)なんとなく酔っ払った感じがするだけで痛みがなくなる感覚はあまりありません。

静脈麻酔であれば意識も飛ぶし痛みもないく、気が付いたら終わっているのはわかっています。が、血管注射の恐怖が最大の難敵です(途中で
更に無意識に陥るので感想が書けません!よって玉袋へのダイレクト注射針が怖いけど、血管に刺されるよりましだし、効果も間違いないだろうから 「局部麻酔」に決定 です!

恐怖心MAXの方は絶対に「静脈麻酔」をおすすめします。気が付いたら終わっています。私も通常ならば迷わず静脈麻酔ですが、ブログねたとして局部麻酔にしてみました。
局所麻酔の結果・・痛みはゼロだが、恐怖心は・・・語り尽くせません(手術中意識はあるので)



あ~ぁ、確かに痛くないかのしれません

担当医
失礼します。ここが精管です。

男性にまさぐられる微妙な体験・・・・。

 
へぇ~。
けっこうつねってます?あまり痛くないですね。
更に麻酔が効けば全然大丈夫そうです!

子供の数・奥様の承諾は口約束?承諾書が必要ですか?

・既婚者であること
・子供が複数人以上いること
・30歳以上であること
・妻の承諾を得ていること

クリニックよって条件は多少異なりますが、パイプカットの手術を受けるには概ね上記のような条件を満たしている必要があります。

妻の承諾書が必要なのか?子供の数を証明する公的書類は何が必要なのか?色々と心配でしたが私の行ったクリニックでは特に 書類は必要ありません でした。
診察時の質疑応答で完了です。

本当の恐怖の幕開け!手術中は脂汗が滴る恐怖の30分

玉袋に局所麻酔の注射をしますが、かなり細い針なのか「チクッ」としますが痛みはほとんどありません。
本当の恐怖はここからです!
局所麻酔のおかげで痛みは全く感じませんが、意識はばっちりあります。耐えられない方は静脈麻酔の方が良いかもしれません(今回の先生はパイプカット手術での静脈麻酔はおおげさとだと話していました)

・おそらく電子メスであろ機械音「ジー」
・何か引っ張られる感触・・・精管だと思う
・「パツン」と切られる音が無情に響きます
・そしてまた機械音「ジー」

恐怖以外の何者でもありません。ひどい方は手術後のベッド(お尻の下)が汗でべチャべチャになる方もいるそうです。

冗談抜きで怖いです

いつ麻酔が切れて激痛が走るのか・・・!
何がなんだかわからないけれど、ただただひたすらに恐怖だけが襲い掛かってきます!
左右それぞれ順番に手術しますが、右側が終わった瞬間に安堵と左への恐怖が同時に脳裏を突っ走ります。
マジで怖いです!「もう止めて下さい!」の一言が私の声帯を襲い続けます!

血が飛び散っていた痕跡あり!もぅ貧血一歩手前です

手術中はアイマスクをしますので、暗闇と想像の世界しか見えません。
手術後に先生が一生懸命に足やお尻を、角度を変えては拭いています。もしや血液が飛び散っているのか!当然といえば当然だけど想像したくもありません。
手術後のシーツには血痕が!
↑手術後のシーツです。量は多くありませんがかなり広範囲に血液が飛び散った様子が見受けられます。紙パンツ・分厚いシーツの下が↑これです。恐ろしい・・・・。
処方された薬

手術後の画像(閲覧注意)と感想・経過

1日目(手術当日)

玉袋に血液が飛び散っている事が確認できます。普通の絆創膏なのが少し笑いました。
怖くてその気も起きませんが、入浴・シャワー禁止です。

午前中の手術でしたが、夜 眠りにつくまで軽いズキズキ感はありました(きんてきを食らったようなイメージ)傷口に対する痛みはほぼゼロです。
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
術後(当日)

2日目

寝起きはばっちり!痛みも全くありません。もちろん痛みや違和感で夜中に起たりもありませんでした。
画像では痛々しいですね。内出血やその他の異常がないか、診察へ行ってきました「異常なし順調でした」
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
2日目

3日目

相変わらず痛々しいですね。左右それぞれ3ミリ程の傷口です。傷口の小ささに妻もビックリな様子です。
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
3日目

5日目

少しだけかさぶたっぽくなって来ているようです。よーく見ないと陰毛と糸の区別はつかないので温泉も行けるかも!
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
5日目

13日目(抜糸?前)

本当は8日目に診察に来るよう言われていたのでが忙しくて本日まで放置してしまいました。片方の傷跡が若干痛々しくなっています。
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
13日目 抜糸前

13日目(抜糸?後)

抜糸なの余分な糸をカットしたのかは不明ですが、はさみでパチンと切られた感覚がありました。
黒い糸が綺麗になくなっているので糸を引き抜いたのでしょうか?診察時に痛みは一切感じませんでした(あったのは何をされているか分からない恐怖心だけです)

やはり片方の傷口のくっつき具合が遅いとの事ですが許容範囲内らしいです。あと数日もすればくっつくとの事です。
クリック注意 モザイクなしのグロテスク画像になります
13日目 抜糸後

傷口の周辺にしこりが・・・!

左右それぞれの傷口周囲にBB弾ほどのしこりが残っています(左側はBB弾2個分位)
とてもとても不安ですが、これは通常の反応であり数ヶ月かけてなくなっていくので心配無用らしいです。
さわっても痛みは感じませんが、椅子に座る時やズボンを履き替える時などなぜか慎重になってしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになるので、それぞれひと押し応援お願いします。