// この下はウエブマスターツール用のメタタグ

アップルID 情報詐取目的か?「アカウントの有効性を確認できませんでした」アップルからのメール受信

おはようございます!カラス小僧です。
AppleIDに関して「アカウントの有効性を確認できませんでした,ファイルに関するお支払い情報。」なぜ?確か以前にも同様のメールを受信しましたが、完全スルーでも何事も起きませんでした。
本文の日本語もどこか変だし、翻訳ソフトのお粗末な仕事感たっぷりです。

「アカウントの有効性を確認できませんでした」メール受信

件名:
[私の名前] iTunes Store情報の有効期限が切れ、アカウントの使用が停止されました 03/11/201805:08:52
差出人:
AplleID[Doupapplcchio@ichoneidaopp.jp]
返信先:
sales@Apple.ID.com

正規アップルからのメールの差出人や返信先は、主に次のアドレスになっているようです。

  • no_reply@email.apple.com
  • appleid_jpja@email.apple.com
  • appleid@id.apple.com

悪意あるサイトとほぼほぼ分かりつつ、とりあえず「私のApp store ID」リンクを開いて見ました。
20180311 最初のメール

 アカウント確認のリンク開いて見ました

パソコンやセキュリティ設定によって表示は異なると思いますが、私のパソコンでは次のような表示になりました。

GoogleChome の場合

真っ赤な画面で強烈なセキュリティー警告が発せられます。これ以上は進めません。
GoogleChome の場合

FireFox と InternetExplorer と Safari の場合

翻訳ソフトの仕業でしょうか? 「Apple ID」の文字列のはずが「リンゴID」 と翻訳されています。
ピンク枠の「Mac iPad iPhone・・・」にはマウスポインターが表示はされるのですが、どこにもリンクされないようです。見た目だけ作りこんでいるようです。
ここまでで完全にApple公式ではないことは確実です。
インターネットエクスポローラーとファイヤーフォックスの場合

先に進みます!いざログイン!

メールアドレスとパスワードを適当に入力して「ログイン」しました。メールアドレスにいたってはアットマークなしでも先に進めました。
「あなたのApple IDはロックされています」 一瞬あせるフレーズです。
パッと見はモン物っぽく作りこんであります。先に進みましょう「続ける」クリック
「あなたのアップルIDはロックされています」

いきなりクレジットカード情報の入力画面に!

クレジット情報入力画面

クレジットカードが無効です「当たり前だ!」

さすがに実際の情報は書き込む事はできませんので、クレジット情報はあり得ない内容を書き込みました。「クレジットカードが無効です」 カード情報の判別だけはしっかりしてるようです。
クレジットーカードが無効です

アップル公式サイトへ飛ばされました

数秒放置していたらアップル公式サイト(本物)に飛ばされました。
アップル公式サイト

まとめ

クレジットカード情報詐取が目的の迷惑メールである事は疑いようがありません。普段見慣れているアップル社のサイトに似せて作りこんではいますが、今回のメールはしっかり見れば偽者である事は一目瞭然でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになるので、それぞれひと押し応援お願いします。